眼科手術について10分でわかるように説明しております。手術器具や手術時間、そして手術前日、当日、手術後に用意することや心構えについても体験談を交えて解説しております。眼のトラブル相談室。
眼科手術について10分でわかるように説明しております。 手術器具や手術時間、そして手術前日、当日、手術後に用意することや心構えについても体験談を交えて解説しております。眼のトラブル相談室
スポンサードリンク

眼科手術トップページ

手術眼科手術の基本的な考え方が手術器具を説明していきます。 手術をするということは、担当医が最適な方法をして考えたものであり、今後は先生の言うとおりに進めていきましょう。

そして時にはご自分でも処置方法を選択しなければいけない局面が必ずおとずれますので、その時は、親族としっかり相談して必要であればインターネットや書店で専門誌を利用し、情報を収集して不安を全て解消してから次のステップに進みましょう。

眼科の手術には様々なものがあります

  • 近視手術
  • 白内障手術
  • 縁内障手術

手術をする前にすること

問診眼科の手術をする場合、明日オペをしましょうかと簡単にできるものではありません。
何事にも準備と体調管理が必要です。 日にちや時間を決める前に内科を受信しましょう。例え高血圧や内臓疾患がなくても必ず受診しましょう。

手術を受けたあとは

手術が終わったら担当医とよく相談して通院のタイミングや薬の服用方、仕事やパート、家事のできる範囲、その他をよく話しあいしっかりメモに残して家族にも見てもらいましょう。

特に注意すること

  • 注意事項感染症
  • 眼を保護する
  • メガネを利用する
  • 目薬を使用する

手術後のトラブル

手術後にトラブルかなという症状が発生することがあります。よく聞くのは視力が低下したり物がぼやけて見えたり、充血したりと違和感を感じます。 →手術後のトラブル



眼科の選び方

名医日常生活において眼科を利用することはあまりなく、外科や内科、整形外科を利用することが殆どです。実際眼の病気になるとどこに行っていいかわからないものです。

先ず探し方はインターネットやタウンページで調査しますが、手術までできる病院なのかをすぐに判断することができないものです。 よりよい病院を見つけるにはお近くの医師会に連絡して良い眼科医を紹介してもらいましょう。

一番よくないのはホームぺージの記載内容だけを信用してしまうとあとで失敗することもあります。地元の噂やインターネット上で「眼科名医」等を入力すると良いお医者さんを見つけることができます。

手術が必要か不要かを判断できる病院を探しましょう

手術眼科のお医者さんの役割は、今現在の眼の状態を理解し、今後どのようにしていくかを判断することです。手術が不要な場合は、適切な処置をして下さい。手術が必要な場合は通っている病院に専門の先生やスタッフ及び器具が揃っていればかかりつけの病院で行うことができますが、設備が整っていない場合は紹介状を書いて手術のできる病院に行くようにして下さい。

今わかっている眼の病気があり、紹介してもらった病院で精密検査をすると今までは発見できなかった「細菌」「ウィルス」「感染症結膜炎」になっているようなこともありますので、そうすると治療方法や手術の時期も異なってくるので改めて先生と相談して進めていきましょう。

新着情報&トピックス

bottom